中日ドラゴンズ応援ブログ







星陵対済美の試合と、なんか中日とかいう試合

陵対済美の試合と中日が同じ時間で試合をやっていました。
7回まで完全試合かとまで言われていた、打てない情けないアホ試合でしたので、
星陵対済美をメインに、中日サブで見ていました。



テレビをご覧になっていた方は、星陵対済美の方がおもしろかったですよね。
私は別にどっち応援してたということもありませんが、
タイブレーク、後味悪いですね。
しかも最後が満塁ホームラン。
高校野球には残酷すぎ。


せめてノーアウト2塁でいいと思いませんか?
ノーアウト1,2塁は投手に酷すぎます。
でもルールはルール


そして済美「投手184球」酷使で「サヨナラ逆転満塁弾」でも批判? 思い出す「安樂」問題
なんて記事がありました。



やっぱ高校野球はピッチャー次第です。
2人はいい投手がいないときついですね。
済美は次の試合が大変でしょう。


て、中日の話。
ツイッターで『立浪さん』て検索してみてください。
『さん』を忘れずに。
選手への愛情あるコメントが載っています。


山崎武司氏の公式ツイッターもおすすめですよ。
きちんと見てくださっていますから。


繁和監督の負けたときのコメントが幼稚すぎ。
落合博満監督の時も記者を馬鹿にしたコメント。

こういう真のドラゴンズファン、救世主、現れて欲しいな
次世代を担う選手たちがかわいそう過ぎ。
11球団OKと言われる球団、私たちの手で改革しないと。




アラがいっぱい見えた試合

日付変わって書いておりますのであれですが、昨日今日とNHKBSで放送があったので、吉見、小笠原の投球の差が本当によく分かりますね。


逆球や粘られるファールなど、球数が多くて多くて、小笠原投手のあの完封は何だったのかというくらい悪い内容。


盛をあげたいのは解説の元野武士、レジェンド大島康徳さん。
もう、知らない方の方が多いでしょう。
あの頃は良かったですね。
大島、谷澤、平野、宇野、田尾・・・( ̄ω ̄;)個性のかたまりだわw


技術論も心理戦も的確な解説。



日ハムのイメージが強い方もおられるでしょう。


て、まず、山田哲人をなんで敬遠しなかったのかとか、工藤、守備固めになってないよとか、中継ぎ不安だらけじゃないかとか、いろんなアラが見えました。


これで来年も監督続行。
やっていることは間違っていないとか言う白井文吾、おまえはアンチドラゴンズだ。